クレジットカード支払いが残高不足でお金足りない時の対処方法

クレジットカード支払いが残高不足でお金足りない時には

クレジットカード支払いが残高不足でお金足りない時には 

「しまった!今月の引き落としのお金足りない!数日後になれば臨時収入が入るのに、その前に引き落としがある。」

 

そういう経験をしている人は、割と多いのです。

 

少し待ってもらえるような状態なら良いですが、クレジットカードの支払い遅延は「残高不足だったから」という理由では通用しません。

 

即、クレジットカードの利用が停止になり、支払いが遅延した分だけの金利が発生します。

 

また、普段は口座引き落としのものでも自宅に請求書が送付されてきたりして、家族に心配をかけることにもなりかねません。

 

そんな時、どうすれば良いのでしょうか。

クレジットカード支払いができないときの対処方法

クレジットカード支払いができないときの対処方法 

1他の支払い分をまわす
クレジットカードの支払いがスムーズに行えているかどうかは、個人の信用と深くかかわってきます。

 

将来、車や住宅などのローンを組んだりするためにも、支払いが遅延したという履歴は残したくないもの。

 

かといって、1円でも不足すれば遅延になってしまいますから、他に支払う現金があるなら、まずその金額をクレジットカード支払い分に充当しましょう。

 

ケータイ代や公共料金の支払いなども一括して同じクレジットカードで契約している場合は、その利用をとめられることもありえます。

 

残高が不足しただけで、友達とのラインもできないなんてゾッとしますね。

 

2誰かにお金を借りる
余っているお金、まわせるお金がまったくない場合は、どうすれば良いのでしょうか。

 

家族や、友達に借りることはできるでしょうか。

 

貸してほしいとお願いするのは難しいだろうとは思いますが、たいていの場合は、そこまですればこころよく貸してくれるでしょう。

 

でも、何度も何度もお願いをするのは、いくら親しいといっても考えモノです。

 

相手に心配、迷惑をかけないためにも、度重なるお金の無心は避けたいところです。

 

そして、現金が用意できればすぐに全額を返しましょう。

 

お金を貸してくれた方への礼儀を忘れないようにしましょう。

 

3アコムを利用してみよう
カードローンなら、誰にも気兼ねすることなくATMなどで現金を借りることができます。

 

返済も、すぐに全額返す必要はなく、苦しい月には最低返済額だけを返せばOKです。

 

カードローン会社から、いやな顔をされることもありません。

 

もちろん余裕がある月には、なるべくたくさんの返済をしましょう。

 

利息は日割計算ですから、速く返せば返すほど、おトクになります。

 

申込みとか大変かも、と思った方は、WEB申込みを利用すればラクラク

 

必要事項を入力するだけで、指定の連絡先に電話をかけてきてくれます。

 

お急ぎの場合は、フリーコールに電話をかければ、迅速に対応してくれます。

 

申込みの時間帯にもよりますが即日振り込みも可能なので、急にお金が必要になった時でも安心です。

 

後日、全国の提携ATMで使えるキャッシュカードを郵送してくれるので、次からは融資も返済も、自分のペースで自由にできるようになります。

 

支払い金額が多すぎて口座引き落としができなくなった時には、当然そうならないように気をつけるというのは基本中の基本ですが、突然の出費で残高不足になってしまうことだってあります。

 

これはもう、誰にだってあります。

 

そして、足りなくなってしまってからそうならないように気をつけたって遅いのです。

 

大切なことは、誰にも迷惑をかけずにその状態を解決することです。

 

きっとその翌月は返済のために節約をしなければならないでしょうけれど、計画的にお金を使う大切さを身につけることができるはずです。

 

また、どうしても今、必要な出費というのもありますから、生きたお金の使い方をするために、上手にカードローンを利用してください。

 

くれぐれも同じ状況になってしまわないように、今後はよく計画しましょう。

 

至急の現金振込のオススメカードローンはこちら